アンプで鳴らしてみよう

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

アンプで鳴らしてみよう

エレキ・ギターを手に入れたのであれば、
絶対にアンプで音を出してみたいですよね。

 

ここでは、初心者が最初に選ぶのはどんなアンプが良いのか。
また、一般的なアンプでの音作りの方法をお話します。

 

さらには、エフェクターの種類や接続方法など、
基本的だけど、よく分からない、
なかなか人に聞くことができなかった事柄についても説明していきます。

 

アンプとエフェクターがあれば、
エレキ・ギターで奏でる音楽はさらに幅広いものとなります。
是非、両方とも手に入れて試してみてください。

アンプで鳴らしてみよう記事一覧

エレキ・ギターを弾くのであれば、絶対にアンプで音を出したいですよね。しかし、自分の家で音を出すときに、それほど大きな音は出せません。自宅に防音室があるとか、広大な敷地内に大きな音を出せるガレージがある。という恵まれた環境に住んでいる人でない限り、大きなアンプは必要ありません。それどころか、大きなアンプは部屋の邪魔になるだけですね。では、初心者が始めて買うアンプはどんなものが良いのでしょうか。あなた...

今回は、アンプの音作りについてお話しましょう。ギターアンプについているツマミは、メーカーごとに呼び名が違っても、実際には、どれもほとんど同じ使い方をします。音の作り方を覚えていれば、スタジオ練習で初めてアンプを使う時でも、長い時間をかけて迷わずに自分の出したい音が出せるようになります。上の図は、一般的なアンプに使われているアンプのコントロール部です。ギターをアンプに繋ぐときには、必ず全てのツマミを...

エレキ・ギターを買って、アンプを使って音を出したら、次に欲しくなるのはエフェクターですね。最近は手頃な価格で買えるエフェクターもあります。2つ、3つと持っていても楽しいと思います。ただエフェクターを持っていても、使い方が分からなければ意味がありません。ひとつひとつのエフェクターの操作方法は、取り扱い説明書がありますし、たいていがツマミの説明を見れば分かるようになっています。今回は、個別の説明書には...

「エフェクターの種類」とひとことに言っても、非常に多くの種類があります。そんなエフェクターの種類を、大まかに把握できるように説明して行きましょう。まず、最も多くの種類が発売されているのが"歪み系"(ひずみけい)ですね。「オーバー・ドライブ」や「ディストーション」など、エレキ・ギターを始めたいと思っている人ならば、一度は耳にした事があるでしょう。ギターの音をワイルドに、エレキギターらしい、ロックな音...

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。