エフェクターの種類

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

エフェクターの種類

「エフェクターの種類」とひとことに言っても、非常に多くの種類があります。
そんなエフェクターの種類を、大まかに把握できるように説明して行きましょう。

 

まず、最も多くの種類が発売されているのが"歪み系"(ひずみけい)ですね。
「オーバー・ドライブ」や「ディストーション」など、
エレキ・ギターを始めたいと思っている人ならば、一度は耳にした事があるでしょう。
ギターの音をワイルドに、エレキギターらしい、ロックな音に変化させます。

 

「オーバー・ドライブ」は少しだけ控えめな歪みで、暖かみを感じる物が多いです。
ロックンロールやハードロックなどに向いています。

 

「ディストーション」はより攻撃的な歪みで、ヘヴィ・メタルをイメージすると
頭に浮かんでくる音です。もちろんそれ以外の音楽にも使われています。

 

次に多いのが"空間系"と呼ばれるものです。
「コーラス」や「ディレイ」「リヴァーヴ」などがあります。
「コーラス」はその名のとおり、原音にコーラスやハーモニーの効果を加えて
分厚い音やキラキラした綺麗な音にします。

 

「ディレイ」や「リヴァーヴ」は、原音を繰り返すことによって、
やまびこのような効果や、ホールのような残響音を加えます。
これによって、分厚い音を演出できたり、
ちょっとだけ初心者の演奏をごまかして聞こえさせたりすることもできます。

 

それから、歪み系に近いのですが、もっとナチュラルな変化で、
原音を忠実に、出力を増幅させる「ブースター」
ピッキングアタック感や、サステインの長さを調節して、メリハリのある
「上手に聞こえる」音を作り出す「サスティナー」などもあります。

 

また"フィルター系"とも呼ばれるものには、
音域のピークを変化させてチャカポコと独特の効果を出す「オート・ワウ」
それを足で操作する「ワウ・ペダル」

 

音域だけではなく位相も変えて、もう少し変化の度合いを強くしたような
ぐるぐると音が回る感じがする「フェイザー」や、
ジェット音のような効果の「フランジャー」などがあります。

 

また最近ではデジタル技術を駆使した"オクターブ系"という機種には
原音に1〜2オクターブ上、もしくは下の音を加える「オクターヴァー」
オクターブの量を足でコントロールする「ピッチシフター」
5度や3度のハモリ音を加える「ハーモナイザー」などの種類があります。

 

と、ざっと並べただけでもこれだけの種類があります。
他にも、名前だけではどんな効果があるのか分からないような物など
まだまだたくさんの種類がありますが、
ひとまずここに挙げた物を憶えておけば、一通り応用は可能です。



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。

エフェクターの種類関連ページ

アンプで音を出す
音の作り方
エフェクターの使い方