ピックの持ち方

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

ピックの持ち方

前回はピックの種類や初心者にお勧めの形などいろいろ説明しましたね。
早速何枚か手に入れてみて、いざ試してみようと思っても、
ピックの持ち方が分からなければ演奏もできませんね。

 

今回は、一般的なピックの持ち方を説明しましょう。
まずは例として、下の写真を見てください。

 

pic14.jpg
最初に、ピックの真ん中人差し指をまっすぐ下ろします。
その人差し指と十字になるように、表側から親指をそえてください。

 

十字と言っても、きっちりと90度にする必要はなく、
楽に持っていられる程度でかまいません。

 

人差し指もピーンと真っ直ぐにする必要もありません。
余計な力を入れずに、しっかりとピックがホールドできる状態にしてください。

 

ピックを持ったとき、実際に弦にヒットする部分は、
写真のように、親指から下の部分を5mm〜8mm程度出しておくのが普通です。

 

速い動きをしたい時は、出す部分を短くし、
強力なアタックを出したい時や、
コードストロークをジャカジャカとかき鳴らしたい時は
出す部分を少し増やしてみるなど、好みに合わせて調整してください。

 

また、ピックの種類に関しても、
「速いパッセージのギターソロを弾きたい」と思うのなら、ヘヴィなティアドロップ
「ゆったりとした優しい音楽を奏でたい」のなら、おにぎり形のシン
といったように、曲によってピックを持ち替えるということもあります。

 

あなたの演奏技術の進歩によっても、ピックの好みは変わってくると思います。
ずっと同じものを使い続けるのも良いですが、
今後も、折に触れて使用するピックをいろいろ試してみると良いでしょう。



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。