バレー・コード

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

バレー・コード

pic22.jpg
[A]が弾けるようになったら、次は図の左側[Fm]に挑戦してみましょう。
人差し指の部分が長い棒になっていますね。
これは「バレー」と言い、ひとつの指で複数の弦を押さえます。

 

まず、人差し指を1弦〜6弦に渡って横倒しにしてください。
指の腹の真ん中を使って押さえるのではなく、
指の側面に近い、少し硬い部分を使って押さえるようにするとうまくできます。

 

人差し指は真っ直ぐ伸ばすのではなく、
指板上ですこし曲線を描くように、自然に力を抜いて押さえてください。

 

一度ジャラ〜ンと鳴らしてみて、うまく音が出ているか確認してみましょう。
良ければ、そのまま5弦と6弦の3フレットに薬指と小指をおいてみてください。

 

どうでしょうか?一音ずつ弾いても綺麗な音が出ていますか?
バレー・コードは、誰もが一度はつまずく大きな難関です。
最初に出来なかったとしても、みんな必ずできるようになっています。
あきらめずに、少しずつ指がおけるようになっていけば良いのです。

 

pic23.jpg
[Fm]が出来るようになったら、いよいよ難しいと評判の[F]に挑戦しましょう。
と言っても、右の図を見れば分かるように、先に[Fm]が弾けるようになっていれば、
あとは3弦の2フレットに中指をおろすだけです。

 

どうですか?思ったよりもあっさりと出来るようになったでしょう。
いきなり難しいものに挑戦するよりも、簡単なものから少しずつ進めていく方が
楽しく、効率良く弾けるようになるんですよ。

 

この全ての弦を一度に押さえるバレー・コードは、
例えば[F]なら、2フレット横に動いて3フレットで押さえれば[G]のコードに、
4フレット動いて5フレットで押さえれば[A]のコードに変化します。

 

つまり、フレットを横移動することで、
同じフォームで他のコードを鳴らすことができるのです。

 

多少強引ですが、今回の[F]と[Fm]ができれば、
コードブックなどに載っている曲も弾くことができます。

 

コードブック中の[A]や[Cm]などは、
この[F][Fm]を左右に移動させるだけで弾くことができます。

 

[Gm7]や[F13th]という見たことがないコードも、
となりの数字はひとまず無視してしまって[Gm][F]として弾いてみてください。

 

多少はアレ?と思う部分があるかもしれませんが、
なんとなくそれっぽい雰囲気がつかめると思います。

 

最初のうちは、きっちりとコード譜どおりに弾く必要はありません。
まずは、楽しく、簡単に。
一歩一歩進んでいきましょう。



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。