エレキギターの種類にはどんなものがあるのか

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

エレキギターの種類にはどんなものがあるのか

「エレキギターの種類にはどんなものがあるのか」
「初心者が最初に手にするのはどんなギターが良いのか」
これは「いざ、エレキギターを買うぞ」と思った時に最初に悩む事ですよね。

 

いきなり楽器屋さんに行って、手当たり次第に試してみるのも良いですが
事前にある程度の知識があった方が、スムーズに確実に選ぶことができますよね。
そんな、最初に憶えておきたい知識を、簡単に説明していきましょう。

 

非常に大雑把ですが、エレキギターの種類は2つに分けることができます。
ひとつは「ストラト系」と呼ばれるものがあります。(下の図[A]を参照)
その名前のとおり、Fender社のストラトキャスター・タイプを代表とするものです。
多くの人がエレキギターと聞いて連想するのがこの形だと思います。

 

もうひとつの代表が「ギブソン系」などと呼ばれるものです。(下の図[B]を参照)
代表的なものに、Gibson社のレスポールやSGモデルなどがあります。

 

この2つの種類については、後でそれぞれもう少し詳しく説明しますね。

 

これらと同じ形をしていても、ボディ上に下の図[C]のような、
複雑な構造をしたパーツが乗っているギターもあります。
これは「ロック式」ブリッジ(弦を通すところ)と言われる構造のギターです。
これには。チューニングが狂い難い・アーミングがやり易い、などの利点があります。

 

その一方、弦の張替えや、チューニングが非常に面倒であったり、
メンテナンスに多少の知識が必要になることもあります。
そういったことからも、初心者にはあまりお勧めはできない種類のギターになります。

 

pic1.jpg
この他にも、V字型や四角形など、特殊な形のギターもありますが、
やはり、見た目どおり変形ギターは演奏・操作性にかなり難があるものが多いです。

 

確かに、どんなギターでも、使い慣れてしまえばそれが一番弾き易い。
という事も言えます。
ただし、普通のギターよりも習得に時間がかかるであろう事は否めません。

 

「どうしてもそのギターが弾きたい」というので無い限りは、
最初の「ストラト系」か「ギブソン系」の2種類から選ぶのが良いと思います



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。