チューニング

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

チューニング

せっかくギターが弾けても、チューニングが狂っていたら、
音痴で下手くそな演奏に聞こえてしまいます。

 

毎日行うチューニングから、
やり方が良く分からなくて敬遠してたオクターブ・チューニングも、
音叉を使った玄人好みのチューニング法まで、
分かり易く説明していきます。

 

また、チューナーの種類についても、いろいろと紹介していきましょう。

チューニング記事一覧

エレキ・ギターを弾く前には、必ず"チューニング"をしなくてはいけません。今回は、そのチューニングについてお話しましょう。上の写真は一般的なデジタル式のチューナーです。チューナーには、形やボタンなど、様々なものがありますが、基本的な使い方はほとんど同じです。チューナーの左側にある液晶の画面を見てください。デジタルで、目盛りと針が表示されています。ここは、アナログのチューナーをそのまま模した形になって...

エレキ・ギターのチューニングには、日々行うチューニングの他に、『オクターブ・チューニング』というものがあります。エレキ・ギターには、開放弦や5フレット付近までは合っているが、18フレットなどのハイ・フレットでは、音が狂ってしまっている、いわゆる『ハイ・フレット音痴』という状態があります。そういった状態にならないように、オクターブチューニングを行います。これは、それほど頻繁に行う必要はありません。弦...

前回は、一般的なチューナーを使ったチューニングのやり方を説明しました。チューナには、その他にもいくつかの形があります。どんなものがあるのか、どういった場面で使用するのに向いているのか、簡単に説明していきましょう。まずは、前回でも登場した、デジタル式のチューナー。表示がデジタルで見やすく、各種切り替えも単純で最も使い易いです。初心者には一番のおすすめです。デジタル式の仲間に、『ストロボ式』というもの...

チューニングの方法として昔からあるものに、音叉を使ったものがあります。確かに、チューナーを使った方が手早く正確に、簡単にチューニングできます。それでも音叉を使うメリットには、自分の耳を鍛えるという点もあります。音叉の出す音は、5弦開放の「A=ラ」の音になります。何度も音叉でチューニングをしているうちに、自然とこの音を覚えてしまいます。それが基準となって、"絶対音感"への第一歩ともなるのです。音叉の...

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。