チューナーの種類

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

チューナーの種類

前回は、一般的なチューナーを使ったチューニングのやり方を説明しました。
チューナには、その他にもいくつかの形があります。
どんなものがあるのか、どういった場面で使用するのに向いているのか、
簡単に説明していきましょう。

 

まずは、前回でも登場した、デジタル式のチューナー
表示がデジタルで見やすく、各種切り替えも単純で最も使い易いです。
初心者には一番のおすすめです。

 

デジタル式の仲間に、『ストロボ式』というものもあります。
これは、音に対する反応・精度が圧倒的に良いです。
しかし、とても高価で。初心者のうちは、まだ必要ないかもしれません。

 

良い物に違いはないですし、チューナーはあまり消耗品もしませんので、
どうせ買うのであれば、ストロボ式の物を持っていても良いでしょう。

 

アナログ式のチューナーは、昔からあるもので。最も一般的です。
デジタル隆盛の現在でも、慣れ親しんだアナログ式を選ぶ人も多いです。

 

デジタルに比較して、針の動きがスムーズです。
ただ、普通のチューニングでは、針は中心に合わせるだけなので、
ここのスムーズさに、あまり意味は無りません。

 

デジタルか、アナログかは、好みの問題で選んでしまってかまいません。

 

最近人気があるチューナーに、『クリップ式』という物があります。
本体に付いているクリップを、ヘッドなどに挟んで固定するタイプです。
振動で音を感知し、本体にある大型のLEDで結果が表示されます。

 

何よりも、小さいので持ち運びが便利です。
またケーブルで繋ぐ必要がなく、つけたままで演奏できるという利点もあります。

 

その反面、サイズや構造から、どうしても反応・精度が今ひとつのものが多い。
というのも事実です。

 

1つは必ず普通のチューナーを持っておき、クリップ式は移動時や演奏中に使う、
2つ目のチューナーとして持っておくのがお勧めです

 

もうひとつ、変り種として『ピック型』なんてのもあります。
詳しい説明は省きますが、直接弦を弾いて音を検出します。
たいていが本体(ピック)についたLEDの光り方で音の高・低を表示します。

 

クリップ式よりもさらに、小さくて持ち運びに便利です。
当然、ピックサイズですから表示方法が小さくなり、見易さは劣ります。
またこれも反応・精度において多少不満があるのが現状です。
クリップ式同様、あくまでも2つ目として持っておくのが良いでしょう。

 

一般的なチューナーが出る前から使われていたものが『音叉』です。
これに関する説明は次回に詳しくしていきましょう。



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。