音叉

エレキギター初心者からの弾き方ガイド

MENU

音叉

pic26.jpg
チューニングの方法として昔からあるものに、音叉を使ったものがあります。
確かに、チューナーを使った方が手早く正確に、簡単にチューニングできます。
それでも音叉を使うメリットには、自分の耳を鍛えるという点もあります。

 

音叉の出す音は、5弦開放の「A=ラ」の音になります。
何度も音叉でチューニングをしているうちに、自然とこの音を覚えてしまいます。
それが基準となって、"絶対音感"への第一歩ともなるのです。

 

音叉の使い方はまず、U字になっている二股の棒のどらちかを、
膝や腕などに軽く叩きつけます。
このとき、木や金属などの硬いものを叩いたり、
力強く叩きつけたりしてはいけません。

 

正確なA音が出ないだけではなく、音叉が変形してしまって、
音程が狂ってしまう場合があります。
そうなるとその音叉はもう使えなくなってしまいます。

 

A音が出たら、それと同じ高さになるように5弦のチューニングを合わせます。
慣れないうちは、音叉から出ている音が良く分からないかもしれません。

 

音叉の逆の端に丸い玉がある場合、玉を耳の穴にかぶせてしまう、
という聞き取り方法もあります。
こめかみに当てて、骨振動で聞き取る方法もあります。

 

また、玉の部分をギターのボディ、ブリッジ近くにあてて、
ボディと共振させながらチューニングする方法もあります。

 

どちらも、慣れるまではじっくり聞いて、慌てずゆっくりと合わせましょう

 

5弦を音叉で合わせたら、他の弦を合わせて行きましょう。
各弦はそれぞれ、5フレットを押さえると、下のフレットと同じ音になります。
(3弦だけは4フレットを押さえます)

 

まずは、6弦の5フレットを押さえて、5弦開放弦と合わせます。
同様に、5弦の5フレットを押さえて、4弦開放弦
4弦の5フレットを押さえて、3弦開放弦
3弦の4フレットを押さえて、2弦開放弦
2弦の5フレットを押さえて、1弦開放弦と合わせます。

 

pic27.gif
もう一度、音叉を聞いて5弦を合わせてから、
全弦聞いてみましょう。全て合っていればチューニング終了です。

 

音叉にはもうひとつ、ハーモニクスを使ってチューニングする方法もあります。
ハーモニクスとは、弦にかるく触れた状態でピッキングして、
即座に指を離し、「ポーン」という音を出すテクニックです。

 

まず最初に、音叉で5弦の音を合わせます。
次に、6弦5フレットのハーモニクスを、5弦7フレットのハーモニクスに合わせます。
同様に、4弦7フレットのハーモニクスを、5弦5フレットのハーモニクスに合わせる。
4弦5フレットのハーモニクスを、3弦7フレットのハーモニクスに合わせる。
2弦開放の音を、3弦4フレットの音に合わせる。もしくは、
6弦7フレットのハーモニクス音を、2弦12フレットのハーモニクスに合わせる。

 

2弦5フレット上のハーモニクスを 1弦7フレットのハーモニクスに合わせて完了です。
これも、何週か行ってチューニングを完璧にしてください。

 

pic28.gif
チューニングにおける同音の関係性はとても重要です。
何度かチューニングを行って憶えてしまいましょう。



 

 

非常識な上達レッスンプログラム

エレキギター

 

エレキギター

<<□ 最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法の特徴>>

倉崎勉氏が教える、1日7分○○するだけで、エレキの上達スピードを数十倍に上げる方法とは? 常に売上上位で人気のエレキ専門マニュアル!

エレキギター

<<【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキストの特徴>>

音楽経験ゼロ、82才男性が"たった30日"で憧れの楽曲を弾けた! アコースティックギター部門では人気No.1の講座プログラムが大公開!

エレキギター

<<エレキギター初心者脱出プログラムの特徴>>

文原寛和氏直伝のエレキギター初心者専門のスキルアッププログラム。